Proj
J-GLOBAL ID:201204023333556345  Research Project code:5754 Update date:Oct. 07, 2013

電池材料用ナノ分散炭素微粒子材料の表面フッ素修飾技術の確立

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
フッ素ガスを用いた表面フッ素修飾により水あるいは有機溶媒中に均一分散可能な微粒子炭素材料を作製し、サイクル安定性に優れたリチウム二次電池電極材料の創出を行う。リチウム二次電池の電極は微粒子の集合体であるため、その粒子サイズや形態、表面状態のばらつきが性能に大きな影響を与える。特に炭素材料では、ナノオーダーの一次粒子を作製しても、凝集により大粒子化し、その特徴を有効に利用できないことが多い。そこで表面フッ素修飾技術を利用し、高容量二次電池の精密生産プロセスに適した特性を有する電極材料の創製を試みる。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page