Proj
J-GLOBAL ID:201204023499499447  Research Project code:8366 Update date:Oct. 07, 2013

入院病棟を対象とした避難誘導計画再設計システムの開発

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
巨大地震の発生時、本震の後に直ちに建物内から屋外への避難が求められる。しかし、介助を必要とする入院病棟では、発生直後の速やかな避難誘導は困難であるという理由で、十分な検討がなされていないのが現状である。また、建設当時は避難を前提とした設計がなされておらず、避難誘導計画も現実を反映したものになっていない。そこで本研究では、標準的な中規模入院病棟を対象として、コンピューターによる避難シミュレーションを実施し、現行の避難誘導計画の問題点を明らかにするとともに、効果的な避難経路、避難誘導計画、及び職員配置を再設計するためのシステム開発を目指す。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page