Proj
J-GLOBAL ID:201204023545863949  Research Project code:9857 Update date:Oct. 07, 2013

ユビキチンプロテアソーム系の活性化によるマラリアに対する2段階DNAワクチン

Study period:2007 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
アフリカ熱帯地方の途上国を中心に、年間150~270万人の死者があるとされているマラリアは発展途上国を主たる汚染地域とすることから、予防治療研究は遅れている。本研究はリコンビナントワクチンに比べて大量生産が容易で、コスト的にも優れているDNAワクチンの製造を目指すものであり、具体的にはユビキチンプロテアゾーム系を応用することにより、マラリア病原虫の開発を行うというものである。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page