Proj
J-GLOBAL ID:201204026054043973  Research Project code:6973 Update date:Oct. 07, 2013

蚊の口器構造と穿刺動作を模倣した低侵襲マイクロニードルの開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
本研究は、MEMS技術を援用した低侵襲マイクロニードルの開発を目的とする。その際、蚊を無痛針のモデルとする。拡大光学系と高速度カメラを用いて蚊の口器構造・穿刺動作を詳細に観察し、有限要素法解析を用いて蚊を模倣した微細針の刺入における皮膚組織の変形・破壊を検討する。これらの結果に基づいて蚊の穿刺メカニズムを解明し、その成果をマイクロニードルの設計・製作にフィードバックする。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page