Proj
J-GLOBAL ID:201204026399636080  Research Project code:10644 Update date:Oct. 07, 2013

Toll 様受容体による菌体膜脂質認識における構造と機能の相関

Study period:2008 - 2011
Organization (2):
Investigating Researcher (2):
Research overview:
本研究交流は多くの疾患に関与しているエンドトキシン(LPS)が、そのセンサーであるToll-like receptor 4/MD-2 によって認識される際の構造と機能の相関について解析を進めることを目的とする。具体的には、日本側のToll 様受容体(TLR)による病原体認識機構の機能的解析に関する知見と、韓国側のLPS応答に関与する受容体の構造学的解析に関する知見を組み合わせ、LPSの微細な構造の差異をToll-like receptor 4/MD-2がいかに認識しているかを明らかにする。日韓が本研究交流を通じて相互的に取り組むことで、LPSが関係する感染症やエンドキシンショックの病態解明に貢献し、さらにワクチンの開発・改良に貢献することが期待される。
Research program: 戦略的国際科学技術協力推進事業
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page