Proj
J-GLOBAL ID:201204026712720933  Research Project code:10373 Update date:Oct. 07, 2013

生体分子機能を損なわない抗体精製用アフィニティーカラムの開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
我々が開発した機能性高分子を用いた分離担体は、従来法と異なり、タンパク変性させる有機溶媒や高塩濃度を必要とせず生理活性を損なうことなく分離可能であり、溶媒コストを大幅に削減し、廃液回収が不要となる。HPLC充填剤として既に実用化しているが、本課題では、さらに発展させ需要の多いバイオプロダクト用精製カラムを実用化する。ゲノム創薬で重要性が増大している抗体のアフィニティー精製など医療分野への応用が期待される。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page