Proj
J-GLOBAL ID:201204028159782944  Research Project code:4661 Update date:Oct. 07, 2013

難消化性・難溶性高分子多糖を用いたDDS製剤の開発

Study period:2007 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
慢性骨髄炎治療として、抗生物質の全身投与と共に外科的病巣除去の際の抗生物質の局所投与が効果的であると報告されている。通常の抗生物質製剤の作用持続が数時間程度であるという弱点を解決し、病巣部局所に高濃度で長期にわたり作用させるため、持続的溶出と生体患部埋め込みが可能な微粒子の調製を難消化性、難水溶性でゲル化能をもつ高分子多糖について検討し、徐放性と生体適合性を併せ持った抗生物質包含ゲル微粒子を簡便に作製する基礎技術を確立する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page