Proj
J-GLOBAL ID:201204028970994145  Research Project code:9175 Update date:Oct. 07, 2013

ナチュラルプロモータを利用した再生神経の可視化ラットの作成

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
再生神経を可視化するため、再生時に発現する蛋白のナチュラルプロモータ部分をクローニングし、その下流にEGFPをはじめとした蛍光タンパクを組み込んだベクターを用い、トランスジェニックラットを作成する。この遺伝子改変ラットの作出により、組織が生きた状態での再生神経の同定が可能となる。神経障害および再生過程における神経活動機能変化を直接観察し、神経再生時の神経活動の役割解明を目指す。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page