Proj
J-GLOBAL ID:201204029185628615  Research Project code:6518 Update date:Oct. 07, 2013

AAF方式による大規模構造物の自動き裂検出システムの開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
近年,経年劣化や使用環境の変化に伴って,インフラ構造物の維持・管理の重要性がクローズアップされている.このことから,研究代表者らは,コンクリート構造物に発生するき裂をリアルタイムに監視する技術を開発し,その有用性を立証した.しかし,実用に供するためには,広範な領域を迅速に監視することが不可欠であり,その点において,開発したシステムは不完全なものであるという認識を持っている.そこで,本研究では,AAF(Auto Area Focusing)という新技術(き裂が発生しそうな領域を自動判別し詳細診断する技術)を提案し,大規模コンクリート構造物のき裂発生・成長を高効率かつ高精度に監視できるシステムの開発を目指す.
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page