Proj
J-GLOBAL ID:201204030577597902  Research Project code:5495 Update date:Oct. 07, 2013

塩化ビニール樹脂中の可塑剤の簡易・迅速分析技術の開発

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
プラスチックを分別する際、プラスチックを種類ごとに分別するだけでなく、再生品の特性を向上させる目的で、同一種類のプラスチックでもグレードや使用されている添加剤ごとに分別することが非常に重要である。本研究ではプラスチック廃棄物のリサイクル技術向上のために、塩化ビニール樹脂中に複数種混在する可塑剤を簡易、かつ迅速に分析する手法を開発することを目的とする。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page