Proj
J-GLOBAL ID:201204031009640549  Research Project code:5610 Update date:Oct. 07, 2013

未活用バイオマスからの硫酸塩還元微生物による酢酸高速生成法の開発

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
有効利用が求められている稲わら(含むもみ殻)や林地残材(間伐材)などのセルロース系バイオマスから、高速で酢酸を生成する技術を開発する。本方式では、セルロースから酢酸を生成する不完全酸化型硫酸塩還元微生物を下水汚泥から集積し、これを用いて先述のバイオマスから酢酸を生成する。さらに、下水汚泥から集積した硫黄酸化細菌を用いて、硫酸塩還元によって生成した硫化水素を硫酸塩に酸化することによって再利用する方式である。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page