Proj
J-GLOBAL ID:201204035847773173  Research Project code:6791 Update date:Oct. 07, 2013

カンピロバクター及びサルモネラ菌非定着因子を持つ機能性飼料の開発

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
カンピロバクターとサルモネラ菌は細菌性食中毒原因菌の70%を占め、これらは主に鶏肉、鶏卵を介して感染するため、養鶏業界ではこれら細菌による鶏肉、鶏卵汚染防止技術開発が求められている。本研究では、in vitroでカンピロバクター及びサルモネラ菌増殖抑制効果が確認できた穀実由来の物質について、鶏腸管内への定着阻害効果を確認し、機能性飼料の開発の可能性を検討する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page