Proj
J-GLOBAL ID:201204037136362076  Research Project code:6764 Update date:Oct. 07, 2013

発癌リスクを予測する遺伝子変異検出用オリゴヌクレオチドアレイの開発

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
本課題は、癌の発生前の各臓器で遺伝子編集酵素が標的とする遺伝子変異領域を特定し、遺伝子編集酵素により高頻度に変異が導入される遺伝子領域を搭載した遺伝子変異検出用オリゴヌクレオチドアレイを作成することにより、C型肝炎や慢性胃炎などの炎症性疾患からの発癌を予測する新しい診断技術系を構築することを目指す。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page