Proj
J-GLOBAL ID:201204037489616314  Research Project code:4231 Update date:Oct. 07, 2013

反応画像形成(RDP)法による光導波路およびFPD材料の開発

Study period:2000 - 2004
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
通常のエンジニアリングプラスチックスに感光剤を混ぜただけで感光性を与えることが可能なRDP法を応用して、光導波路などのフォトニクス材料、FPD用ブラックマトリクスを製造する技術を開発し、光導波路などの製品化に成功した。この基本となるRDP法の特許はよこはまTLOからライセンシングされています。
Research program: 地域研究開発促進拠点支援(RSP)事業
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page