Proj
J-GLOBAL ID:201204038210751485  Research Project code:7122 Update date:Oct. 07, 2013

大腸癌の早期発見に向けたレクチン固定化蛍光ナノスフェアの実証試験

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
大腸内視鏡検査において、大腸粘膜内に留まる転移リスクのない発生初期の大腸癌をリアルタイムで診断し、内視鏡下で切除することを可能にする世界初の大腸内視鏡検査用造影剤を創製する。造影剤は、癌細胞粘膜側の特異抗原を認識する蛋白及び正常細胞との非特異的相互作用を抑制する高分子を表面に固定化し、内部に蛍光物質を内包したサブミクロンサイズの微粒子からなるナノメディシンである。大腸内投与後、病変に集積した造影剤の蛍光に由来する癌組織(明部)/正常組織(暗部)の蛍光コントラストに基づき、大腸癌の有無を診断する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page