Proj
J-GLOBAL ID:201204038701315962  Research Project code:3637 Update date:Oct. 07, 2013

安全で持続可能な水利用のための放射性物質移流拡散シミュレータの開発

Study period:2011 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
持続可能な水利用のためには、人類が利用しようとする水源の水が利用に適しているかどうかを的確に診断予測する技術が不可欠です。本研究では、ヨウ素131やセシウム137などの放射性物質が大気の流れによって移動し、雨などに伴って地表面に降下し、土砂などとともに水の流れに沿って川を流下して、どういうタイミングでどの程度の濃度で水道取水源に到達するかを推計できるシミュレータを構築します。これにより、一時的な取水停止や積極的な水処理の実施など臨機応変な対応によって安全な水質が確保されるようになり、安全で安心な水利用の実現に貢献することが期待できます。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page