Proj
J-GLOBAL ID:201204039289399796  Research Project code:6029 Update date:Oct. 07, 2013

高効率スローライト生成を利用した全光バッファメモリの開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
光ファイバのブリルアン増幅を用いた光バッファメモリは、増幅過程でパルス幅が広がるために記憶容量が低下し、わずか1ビットの容量しか得られないと考えられてきた。本研究では、独自のdouble-gain and zero-gain法と高非線形のテルライトファイバとを用いることで、誘導ブリルアン増幅によるパルス広がりを極限まで抑制し、遅延時間とビットレートで決まる最大値まで記憶容量容量を増大し、これまで開発されていない高効率で実用的な可変全光型バッファメモリを実現することを目的とする。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page