Proj
J-GLOBAL ID:201204039955485708  Research Project code:10880 Update date:Oct. 07, 2013

チューナブルRFシステムの1チップ化のための先端ナノCMOSデバイスと共存可能なNEMS/MEMSとナノ材料利用受動素子

Study period:2009 - 2012
Organization (2):
Investigating Researcher (2):
Research overview:
本研究交流は、将来の携帯無線通信機器で使用される1チップ可変RF素子の鍵となる技術を開発することを目的とする。具体的には、日本側の可変機能付与のためのNEMS/MEMSや先端ナノCMOSデバイスに関する知見と、ドイツ側のウェハレベルでのLSI集積化技術を組み合わせ、小型化と低価格化を実現しうるデバイス技術を創成する。両国の研究チームが本研究交流を通じて相互補完的に取り組むことで、世界中どこでも使える携帯情報端末の将来方式を実現することが期待される。
Research program: 戦略的国際科学技術協力推進事業
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page