Proj
J-GLOBAL ID:201204042378802031  Research Project code:7710 Update date:Oct. 07, 2013

テーパシャンク部構造の最適化による高耐びびり性ツールホルダの開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
回転主軸を有する工作機械を用いて金属材料を高速切削する場合の大きな課題は、主軸高速回転時に主軸先端部が遠心力で拡張するために主軸のツールホルダ把持力が減少してびびり振動が発生しやすくなり、加工精度・加工能率が低下することである。本研究では、ツールホルダテーパシャンク部の材料および内部構造を最適化することで、減衰能が高くかつ主軸高速回転時でも主軸テーパ面と良好な接触状態が保持されるBTシャンクツールホルダを開発する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page