Proj
J-GLOBAL ID:201204044381287922  Research Project code:8156 Update date:Oct. 07, 2013

低温域排熱回収発電のための環境低負荷スズ系熱電材料の開発

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
室温~200°C程度の排熱エネルギーを回収するのに好適な熱電材料を開発する。既存の低温域材料としてはビスマステルルが唯一であるが、環境物質アンチモン、セレンやテルルを主成分とするので、実用化は難しい。本課題では、その代替としてスズ化合物Mg2Snを基本とする低環境負荷材料を開発する。この材料は、熱電材料として具すべき電気的性能および熱的性能のうち、前者は既に比較的高い。課題は後者の改善である。熱伝導率低減を目指して、元素置換と原子充填の二つの手法を検討する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page