Proj
J-GLOBAL ID:201204048533483680  Research Project code:9623 Update date:Oct. 07, 2013

近赤外分光法を用いた細菌汚染血小板製剤検出法の開発

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
細菌汚染された血小板製剤が患者へ輸血されると敗血症を発症することが報告され、死亡する可能性もある。世界的に細菌検査システムが考案され一部導入されているが、簡便に検出する有効なシステムはいまだ確立されていない。本研究は非侵襲的な測定が可能な近赤外分光法とケモメトリックス(数学的・統計学的手法による解析)を用い、細菌汚染された血小板製剤中の生化学的変質やスペクトル測定条件の解明を行い、迅速に細菌汚染の有無を自動判定する「血小板製剤細菌汚染非侵襲検査システム」を構築する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page