Proj
J-GLOBAL ID:201204049318116575  Research Project code:3968 Update date:Oct. 07, 2013

がんの組織多様性に関わるエピジェネティクス可塑性とその制御機構

Study period:2010 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
固形がんは腫瘍内で組織多様性を示すことが多く、高い転移・浸潤能を持った細胞が存在すると治療上で大きな問題となります。本研究では、組織多様性を獲得する機序ががん細胞の可塑性(柔軟性)に起因すると考え、臨床検体およびマウスモデルを用いて、発がんの早期からがん細胞の可塑性を制御するエピジェネティクス機構について解析します。さらにその分子基盤を標的とした小分子化合物を同定し、革新的ながん治療法の確立をめざします。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page