Proj
J-GLOBAL ID:201204050670923713  Research Project code:6478 Update date:Oct. 07, 2013

生体分子認識を行うPEG被覆プロテオリポソームの開発と応用

Study period:2007 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
膜受容体は、情報伝達系の上位分子であり、種々の疾病に関連する。特に膜受容体に対する自己抗体産生が引き金となる自己免疫疾患は重篤で、抗体と膜受容体の反応を、固相化蛋白質を用い探索することは診断・創薬等の強力なツールである。本試験では私たちが開発した膜受容体提示型プロテオリポソーム調製技術に、ポリエチレングリコール(PEG)被覆リポソームを採り入れ、膜蛋白質抗原を作製、高感度高忠実度の分子認識システムを開発する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page