Proj
J-GLOBAL ID:201204051387345130  Research Project code:4855 Update date:Oct. 07, 2013

分解細菌による硫化カルボニル処理方法の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
工場排水処理施設や廃棄物処理場から発生する排ガスに含まれ、大気中の濃度の増加も指摘される硫化カルボニル(COS)は高等動物に対する毒性や機構への影響があるため、分解処理が必要である。本申請課題では、微生物のCOS分解能力を利用し排ガスからのCOS除去を行なう事を目的として、細菌による高濃度COS分解に関して調べ実験的に技術の有効性を検証し、工場等の排ガス処理実験に繋げる。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page