Proj
J-GLOBAL ID:201204051536504450  Research Project code:6110 Update date:Oct. 07, 2013

Hsp90阻害剤によるポリグルタミン病の治療法の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
ポリグルタミン病は責任遺伝子のcoding region内のCAGリピートの異常延長によって引き起こされる遺伝性神経変性疾患で、神経細胞内に変異した病因蛋白質が蓄積して病態が形成され、有効な治療法が存在しない。Heat shock protein 90 (Hsp90)阻害剤には、変異蛋白質の分解を促進する効果が期待され、本研究ではポリグルタミン病マウスモデルを用いてHsp90阻害剤の治療効果を見出し、臨床応用へ発展させる。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page