Proj
J-GLOBAL ID:201204051587658982  Research Project code:9702 Update date:Oct. 07, 2013

高変換効率を有する色素増感型太陽電池の開発と応用

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
透明導電膜を配した基板上に斜め蒸着法により傾斜した柱状構造粒子と微細な空隙からなる酸化チタン薄膜層を形成、柱状構造粒子の頭頂表面のみならず柱状側壁部も色素増感剤を吸着させ、光電変換に関与する有効表面積を増大させる。本研究では酸化チタン薄膜層形成時の入射角、酸素分圧、成膜温度等の成膜条件と結晶構造、膜の構造、光電変換特性等との関係を把握し、斜め蒸着法による色素増感型太陽電池の基礎技術を確立する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page