Proj
J-GLOBAL ID:201204051635733711  Research Project code:6167 Update date:Oct. 07, 2013

ナノカーボンを利用した高容量Liイオン二次電池負極の開発

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
リチウムイオン二次電池は改良を重ね容量を少しずつ大きくしてきたが、既存材料での高容量化は限界に近づいている。実際、負極の実用材料はグラファイトであるが、すでに理論容量にほぼ達している。本研究はグラファイトに代わる高容量の負極材料を探索するため、さまざまな構造を有するナノカーボンを合成し、リチウム貯蔵特性を評価する。これにより高容量化に適した構造パラメータを見出し、負極の構造最適化を目指す。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page