Proj
J-GLOBAL ID:201204051985760592  Research Project code:10391 Update date:Oct. 07, 2013

椿油から動物性高級香料シベトンの合成

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
麝香猫より分泌されるシベトンの香りは麝香の主成分であるムスコンに匹敵し、高貴で持続性のある香りとして珍重されている。しかし、製品を含めてワシントン条約で保護されているため極めて希少価値が高く、香料として用いられるには至っていない。一方、新潟県の県花である椿の乾燥種子には、重量比にして20%以上もの大量の油脂が含まれる。この油脂の90%を占めるオレイン酸グリセリドを原料とし、シベトンの供給を検討する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page