Proj
J-GLOBAL ID:201204053002366143  Research Project code:6019 Update date:Oct. 07, 2013

磁気シールドが不要な超高感度SQUID磁気センサの開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
生体磁気計測や材料非破壊検査など微小磁気計測技術が必要とされる医療・産業の応用分野は多岐にわたる。これら応用で液体ヘリウム(沸点4K)で冷却する低温超伝導SQUID磁気センサを用いる場合、高価な冷媒と磁気シールドが必要となり、脳磁・心磁計測など一部しか実用化されていない。そこで本研究では、安価で手に入りやすい液体窒素(沸点77K)で冷却可能な高温超伝導SQUIDの実用化研究を行う。ここでは超伝導薄膜中の磁束の侵入・移動機構を解明し、これを抑制してシールド無しで安定・高感度に動作するSQUIDの開発を目的とする。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page