Proj
J-GLOBAL ID:201204053926376811  Research Project code:7001 Update date:Oct. 07, 2013

機能性ポリゲルマン合成のための新規なゲルマニウムカップリング法の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
ポリゲルマンは、特異な光吸収や電荷移動を示すため、次世代の光学材料として期待されている。従来法ではクロロゲルマンを金属ナトリウムやカリウムと反応させるため、非常に危険を伴うだけでなく、基質が制限される、高分子量のポリマーが得られないなどの問題があった。本課題は、安価な鉄を金属中心にもつ錯体を触媒とすることで、安定なヒドロゲルマンを脱水素縮合させることにより、高分子量の機能性ポリゲルマンを安全かつ簡便に合成しようというものである。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page