Proj
J-GLOBAL ID:201204055813874672  Research Project code:5207 Update date:Oct. 07, 2013

チタン形状記憶合金ステントを用いた気管欠損部閉鎖法の開発

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
私たちは腸管の欠損部に対して縫合を必要としない吸収性素材を用いた被覆閉鎖法を開発した。しかし、この方法を気管欠損閉鎖法に応用した場合、欠損部が縮小してゆく過程で吸収性素材が内腔に垂れ下がり気道を閉塞する欠点が明らかとなった。今回は、吸収性素材の垂れ下がりを防止するために、内腔にステントとしてチタンとニッケル合金の形状記憶合金を用い良好な気管形成を図るもので、形状記憶合金は、冷却することで気管支鏡で抜去可能である。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page