Proj
J-GLOBAL ID:201204060425900622  Research Project code:6727 Update date:Oct. 07, 2013

新しい作用機序による鎮痛補助薬の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
現在オピオイド(モルヒネ)は鎮痛薬として臨床で汎用されているが、癌性疼痛などの持続性の痛みに長期使用すると耐性が出現し、患者の苦痛は再燃する。この現象はオピオイド使用における最大の未解決の課題である。本研究は代表研究者らが作出した独自の実験モデルを用いて行動薬理学・生化学・細胞生物学的手法を駆使して耐性出現のメカニズムを明らかにし、新しい鎮痛補助薬のターゲットを確立することにより、安定した除痛コントロールによる緩和医療への応用をめざすものである。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page