Proj
J-GLOBAL ID:201204060803359935  Research Project code:5772 Update date:Oct. 07, 2013

胃がん強毒性ピロリ菌感染症診断キットの開発

Study period:2007 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
全世界で50%を超える感染率を有するヘリコバクター・ピロリ菌(ピロリ菌)感染は、日本での胃がん発症率・死亡率とも高く、年間10万人が新たに胃がんと診断され5万人が毎年胃がんで命を落としている。近年、ピロリ菌の遺伝子多型により胃がん発症に関与する強毒性を弱毒性に分類されることが明らかとなり、従来のピロリ菌感染症診断キットを改良した強弱毒性識別キットが強く望まれている。本研究は、我々のピロリ菌研究を基にして識別診断キットの開発を目標とする。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page