Proj
J-GLOBAL ID:201204062710753733  Research Project code:7890 Update date:Oct. 07, 2013

病的な異常声帯振動の簡易可視化方法の開発と実用化

Study period:2007 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
複数の振動源を同時に有した物体の複雑な運動挙動を、高速度カメラなど高価な装置を使わず、簡易かつ安価な方法によって可視化する技術の評価を目的とする。本技術は特に、局所的病変を患った声帯に特有な異常振動を観察対象として念頭に置いている。可視化は、複数個のLED光源および画像処理システムを用い、特定ストロボ発光タイミングを導入して実現される。本課題では将来の臨床応用に不可欠な性能の評価試験を実施する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page