Proj
J-GLOBAL ID:201204063095767709  Research Project code:7953 Update date:Oct. 07, 2013

無機ガラスに負けない耐傷付性を有する高機能樹脂ガラスコーティング技術の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
研究代表者らは、樹脂表面にプラズマCVDの手法によりコーティングを行うことで、無機ガラス以上という耐傷付性能を有する透明樹脂作製の技術シーズを確立した。しかし、実用化に当たって作成コストが課題となっている。そこで、これまでの知見をもとに、硬化性樹脂により作製していた中間層を含め工程全般にプラズマプロセスを採用し、薄膜の物性を制御しながら作製時間を短縮したプロセスを開発することで、耐傷付性を有する樹脂ガラスを高効率で作製する手法の確立を目指す。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page