Proj
J-GLOBAL ID:201204064335631814  Research Project code:8436 Update date:Oct. 07, 2013

がん特異性とがん病巣集積性に優れる新規細胞免疫療法の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
現在国内で、活性化リンパ球を用いたがんに対する細胞免疫療法が実施されているが、投与するリンパ球のがん特異性とがん病巣集積性に劣り、期待される治療効果が得られていないのが現状である。これらの問題を克服するために、がん特異的T細胞レセプター遺伝子とがん組織に高発現されるケモカインに対するレセプター遺伝子を同時に強制発現させた細胞傷害性T細胞による新規がん細胞免疫療法を発案した。このことによってがん治療効果の飛躍的な向上が期待できる。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page