Proj
J-GLOBAL ID:201204064900721709  Research Project code:5186 Update date:Oct. 07, 2013

エンジン性能向上に向けた耐熱マグネシウム合金展伸材の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
エンジン出力の向上のため過給機が使用されている.現在,この吸気圧縮用にC355またはAC4Cなどのアルミニウム合金が採用されている.しかし,今後欧州を中心とした排気ガス規制のため,マグネシウム合金を用いたエンジンの軽量化は避けられず,しかも最大使用温度170°Cでも安定した高温強度を備える必要がある.そこで,本申請では希土類元素と合金組成の最適化を行う.また,得られた鋳造材に対して,最適な加工温度と加工速度,加工率を見出し,コスト的にもバランスした展伸加工材の創製を目指す.
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page