Proj
J-GLOBAL ID:201204065423597720  Research Project code:6259 Update date:Oct. 07, 2013

脂肪族オリゴエーテルデンドロンのリチウムイオン電池用添加剤としての応用

Study period:2007 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
リチウムイオン二次電池の不良の原因で最も多いのは「膨れ」である。この不良はサイクル時と高温貯蔵時の活性な電極表面上で溶媒あるいはリチウム塩が副反応により気体分子に分解されることによって引き起こされる。本研究では電解液に数%添加すると電極表面と優先的に反応することで皮膜を形成し、溶媒分子やリチウム塩が直接電極表面と接触するのを阻害して副反応を抑制し、膨れを低減する添加剤を開発する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page