Proj
J-GLOBAL ID:201204066363714302  Research Project code:6846 Update date:Oct. 07, 2013

カーボンナノチューブを利用した高効率遺伝子導入アレイ

Study period:2007 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
本研究では、遺伝子機能およびその相互作用ネットワークを生細胞レベルで解析する技術として、カーボンナノチューブとエレクトロポレーションを組み合わせた新規な高密度・高効率遺伝子導入アレイの作製を目指す。エレクトロポレーション、つまり電気刺激による遺伝子導入の際、電極表面に修飾されたカーボンナノチューブ先端から電場が集中することにより、細胞に障害を与えることなく効率的に細孔が形成され、電極に位置特異的に担持された遺伝子を高効率に導入できると期待される。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page