Proj
J-GLOBAL ID:201204067299340297  Research Project code:7770 Update date:Oct. 07, 2013

ブドウの鮮度保持出荷のための果実減耗抑制資材の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
我が国主要品種のブドウ「巨峰」や「ピオーネ」は種なし栽培が盛んであるが、輸送中や店舗販売時に穂軸の褐変や脱粒(房から粒が落ちる)しやすいことが問題である。特に、近年増加している海外輸出においては収穫から販売までの所要日数が多いため、水分蒸発による果実重の減耗によって穂軸の褐変、脱粒などの鮮度低下が問題となる。そこで、鮮度保持を目的とした効果的なブドウ穂軸への水分補給処理方法を明らかにする。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page