Proj
J-GLOBAL ID:201204068007891111  Research Project code:10031 Update date:Oct. 07, 2013

油中分散法を利用したプロテインナノ粒子作製法の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
蛋白質等の水溶性高分子水溶液と油との乳化物を脱水し、水溶成分を油中分散させるSolid-in-Oilサスペンション法(S/O化法)を利用して、プロテインナノ粒子の作製法を確立し、ナノ粒子のバイオマテリアル素材やDDSキャリアとしての有用性を評価する。すでに様々な蛋白質等のS/O化や、抗がん剤などとの複合体のS/O化技術を開発している。封入物質の平均粒子径は40~50nm程度まで微細化でき、この封入物質を、形態を維持したまま抽出する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page