Proj
J-GLOBAL ID:201204068101305510  Research Project code:7835 Update date:Oct. 07, 2013

超塑性発泡法を用いた閉気孔の選択的導入と低誘電率基板への応用

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
高速スイッチングや高周波用途での伝送遅延を防ぐためには、絶縁基板の誘電率を下げることが有効である。本研究では絶縁体セラミックス基板を対象にして、閉気孔導入により多孔化させる技術の確立を目指とともに、低誘電率化させたい部分にのみ気孔を選択導入する新方式を提案する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page