Proj
J-GLOBAL ID:201204070375301086  Research Project code:7812 Update date:Oct. 07, 2013

新規抗住血吸虫薬の開発研究

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
住血吸虫症は76カ国2億人が感染し、6億5千万人が感染の危機にさらされている寄生虫感染症である。現在、住血吸虫症の治療はプラジカンテル一剤に頼っており、耐性住血吸虫の出現が危惧されている。私たちが開発を目指す新規抗住血吸虫阻害剤である、環状過酸化化合物(N-89)は、中体の抑制効果、及び虫卵数の減少効果を併せ持つ。本研究では住血吸虫への阻害作用を精査し、より効果的な抗住血吸虫薬の臨床開発を目指す。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page