Proj
J-GLOBAL ID:201204074860466552  Research Project code:6256 Update date:Oct. 07, 2013

不均一場を利用する高性能分離カラムの開発

Study period:2007 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
現在、生体中のタンパク質や代謝物の時間的・空間的変化の網羅的解析が精力的に研究されている。これらの研究においては数多くの物質を分析するための分離分析技術が不可欠であり、その高性能化が強く求められている。本研究は、分離性能の向上のため、従来のカラムよりもピーク巾を小さくすることが可能である、不均一場を利用した新規液体クロマトグラフィー用カラムの開発を行う。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page