Proj
J-GLOBAL ID:201204075828001749  Research Project code:9501 Update date:Oct. 07, 2013

抗ウイルス薬開発を目的とする新規双環性ヌクレオシド誘導体の合成

Study period:2007 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
抗HIV 性ヌクレオシド1(ddA)はAIDS 治療薬ジダノシンの活性本体として知られているが、ヌクレオシド構造のグリコシド結合(>N-C-O-)部分が化学的にも酵素的にも開裂しやすいため、安定性に問題がある。一方、アデニン塩基と糖部とを2’位で結合させたイソヌクレオシド2(iso-ddA)は、塩基部と糖部の結合がN-アルキル型構造(>N-C-O<)となり、安定性が飛躍的に増大し、なおかつ、抗HIV 活性も親化合物のdd-Aとほぼ同等である(Nair et al. J. Am. Chem. Soc. 19
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page