Proj
J-GLOBAL ID:201204077283111862  Research Project code:5582 Update date:Oct. 07, 2013

化学物質の非遺伝毒性検出時間を大幅に短縮する方法の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
本研究では、「化学物質ストレスにより惹起されるタンパク質結合を、蛍光発光として観測する遺伝子系」を導入した細胞を用い、非遺伝毒性化学物質の発がん性を迅速に予測する手法を開発する。この研究ではまず、遺伝子発現ユニットを種々の細胞へ導入可能なレトロウイルスベクター系へ導入し、ヒト初代培養細胞へ導入できる系を作成する。これらの細胞に対して、既知の化学発がん物質を処理し、本システムの有効性を検討する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page