Proj
J-GLOBAL ID:201204079086024640  Research Project code:9474 Update date:Oct. 07, 2013

ウシ精子の保存補助物質(PAS)の開発とその応用

Study period:2007 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
我が国では、子牛のほぼ100%が凍結精液によって生産されている。しかし、現在の画一的な精液の凍結方法は、凍結処理により運動性の減少が著しい耐凍性の弱い精子に対応しておらず、結果的に受胎率の低下を起こす原因となっている。これまで、このような精子には抗酸化剤や耐凍剤のように特定の凍結ストレスに対応した添加剤が検討されてきたが、受精やその後の発生ついては十分に検討されておらず、本来精液には含まれない新規物質を添加した場合には、受精や胚発生への悪影響といった新たな問題も懸念されていた。このため、凍結処理によるスト
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page