Proj
J-GLOBAL ID:201204079481462908  Research Project code:8278 Update date:Oct. 07, 2013

メモリー機能を示す新規インテリジェントポリマー材料の創成

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
これまでに、アルコールなどの添加剤存在下、低温でアクリルアミド誘導体のラジカル重合を行うと、イソタクチックからシンジオタクチックまでの幅広い立体構造を有するポリマーの合成に成功した。本課題では、N-アルキルアクリルアミド類の低温光ラジカル共重合を行い、新規感熱応答性ポリマーを合成する。複雑なモノマーを設計することなく立体規則性および共重合モノマー連鎖分布を制御するだけで、昇温時および降温時の相転移温度の差が非常に大きなポリマーを合成し、メモリー機能を有する新規インテリジェントポリマー材料としての開発を目的とする。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page