Proj
J-GLOBAL ID:201204079729401552  Research Project code:8340 Update date:Oct. 07, 2013

高純度アルギニン特異的蛋白分解酵素の量産系の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
Clostridium histolyticumのクロストリパイン(CloSI)は、アルギニンを認識して、タンパクを切断する特異性の高いプロテアーゼである。ペプチド解析や生理活性ペプチドの合成(マルチマー合成法における酵素切断)に利用されると共に、逆反応を用いた人工アミノ酸導入やバイオミメティック材料の合成にも応用される。市販されているが、純度や供給能力には問題があり、質的量的な改善を要する。我々が開発したClostridiumの組換えタンパク質発現系を用いて本酵素を高純度で大量、かつ簡便に得る技術を開発する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page