Proj
J-GLOBAL ID:201204080441542710  Research Project code:7963 Update date:Oct. 07, 2013

非晶質遷移金属リン酸塩プロトン伝導体の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
これまで500°C以上の高温や、100°C以下の低温で高いプロトン伝導度を有する材料が発見されているが、最もエネルギー効率が高く、想定される使用環境に近い中温度領域(100°C~350°C)で動作可能な伝導体の開発が望まれている。本研究では、この中温度領域で安定に作動する新規プロトン伝導体の研究・開発を行うことをめざしている。従来の研究では結晶性化合物が主体であったが、本研究では完全な非晶質、あるいはその大部分が非晶質構造をもつ安定な遷移金属リン酸塩を対象とし、安価で高性能なプロトン伝導体の開発を目的とする。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page